総合TOP教室情報店舗情報イベント調律・調整・修理中古ピアノヤマハミュージックWebShop
ホーム>店舗情報>イベント一覧>ボトムズアップ・ユーフォニアム・チューバ・カルテット
 

ボトムズアップ・ユーフォニアム・チューバ・カルテット

ユーフォニアムとチューバが奏でる 輝かしく荘厳な響き

The challenge of ヤマハ中低音!

ボトムズアップ・ユーフォニアム・テューバ四重奏
日本のクラシック音楽界を「底」から支える名手たち

いま日本で最も勢いのあるユーフォニアム・チューバ奏者4名によるカルテット、その名も「Bottoms Up Euhonium & Tuba Quartet」

「Bottoms Up」というのはカジュアルな英語で「乾杯!」を意味するそうで、合奏やアンサンブルを文字通りBottom(底)から支える中低音金管楽器らしい素敵なグループ名です。 もちろん素敵なのはグループ名だけではありません!日本を代表する金管楽器の名手たちによるスーパープレイにどうぞご期待ください。

演奏曲目

 

Hidenori Arai / Mini Overture


新井秀昇 / 小序曲

 

arr. Ray Dempsey / Quatre Chansons


R. デンプシー編 / 4つのシャンソン

 

John Stevens / Benediction


J. スティーブンス / ベネディクション

 

John Stevens / Diversions


J. スティーブンス / ディヴァージョンズ

 

Mike Forbes / Cosmic Voyage


M. フォルブス / コズミック・ヴォヤージュ

 

Frank Lynn Payne / Quartet for Tubas


F. L. ペイン / チューバ四重奏曲

 

Hidenori Arai / Inori


新井秀昇 / 祈り


Pyotr Ilyich Tchaikovsky / from “Nut Cracker”


P. チャイコフスキー /「くるみ割り人形」より

 

※演奏曲目は変更になる場合があります

2019年12月19日(木)

ヤマハミュージック 札幌店

時間 開場 18:30 開演 19:00

会場 六花亭札幌本店6階 ふきのとうホール

定員 220名

料金 (税込) 大人 3,500円 高校生以下 2,000円

お問い合わせ先 TEL:011-252-2024

札幌市中央区北4条西6丁目3-3 六花亭札幌本店3F・4F

2019年12月21日(土)

ヤマハミュージック 大阪なんば店

時間 開場 17:30 開演 18:00

会場 ヤマハミュージック 大阪なんば店 3階 アルモニーホール

定員 120名

料金(税込) 大人 3,000円・高校生以下 1,500円

お問い合わせ先 TEL:06-6531-8204

大阪府大阪市西区南堀江1-2-13

2019年12月23日(月)

ヤマハミュージック 名古屋店

時間 開場 18:30 開演 19:00

会場 ヤマハミュージック 名古屋店 8階 ヤマハ名古屋ホール

定員 120名

料金 (税込) 大人 3,000円 高校生以下 1,500円

お問い合わせ先 TEL:052-201-5153

愛知県名古屋市中区錦1-18-28
展示試奏予定品

展示試奏予定品

※ヤマハミュージック 大阪なんば店・名古屋店のみ

展示時間:開催当日11:00~終演まで(大阪なんば店のみ19:30まで)

 

品番をタップするとヤマハ製品情報ページにリンクします。

ヤマハアルトホルン

YAH-803 YAH-803S

 

ヤマハバリトンホルン
YBH-831 YBH-831S

 

ヤマハユーフォニアム
YEP-642 YEP-642S YEP-842 YEP-842S

 

ヤマハチューバ
YBB-621 YBB-632S YBB-841G

 

ヤマハチューバ
YEB-632S YCB-822S YFB-621

Bottoms Up Euphonium Tuba Quartet

(ボトムズアップ・ユーフォニアム・チューバ・カルテット)

The B.U.E.T.Qは東京と仙台在住のプレイヤーが2018年に結成、メンバー全員がヤマハの楽器を使用。

2018年12月18日にデビューコンサートを開催。 日本のみならず世界中のユーフォニアム・チューバ界を盛り上げて行くことを目的に、各地でファンの皆さま、そして若い情熱溢れる演奏者の皆さまに出会えることをとても楽しみに活動しています!

 

使用楽器
※使用楽器は変更となる場合がございます。

プロフィール

新井秀昇

新井秀昇(ユーフォニアム)

Hidenori Arai , Euphonium

埼玉県出身。洗足学園音楽大学を最優秀賞を受賞し卒業。同大学卒業演奏会、並びにその選抜者によるデビューコンサート、読売新人演奏会、同演奏会における選抜者によるJMCコンサート(日本経営クラブ主催)等に出演。 第5回Jeju国際金管コンペティション第3位(第4回ファイナリスト)、第26回日本管打楽器コンクール第3位、第7回津堅コンクール第1位をはじめとする国内外のコンクールにて入賞。 これまでにユーフォニアムを露木薫、舟越道郎、大塚哲也の各氏に、即興演奏を平野公崇氏に師事。 現在、吹奏楽やオーケストラにおけるエキストラプレーヤー、様々なアンサンブルにおける活動、ソロ活動など、多岐にわたって演奏活動を繰り広げる。2016年韓国、2017年香港、2018年韓国にてそれぞれ開催されたアジア・テューバ・ユーフォニアム・フェスティヴァルに講師として 招聘され、演奏会やマスタークラス等を行う。 また、創作にも取り組み、特にその性質をよく知るユーフォニアムやテューバを使った作曲/編曲作品を多く手掛けている。2012年度には日本ユーフォニアム・テューバ協会からの委嘱により、第2回J.E.T.A.学生コンクール/テューバ部門課題曲「テューバとピアノのためのソナタ ~プロローグ付き~」を作曲する。 2017年6月には初のCDアルバム「NASOTA」をリリースする。 ブラスバンド・ゼファー プリンシパルユーフォニアム奏者、ファンカルメンバー。 洗足学園音楽大学非常勤講師、日本ユーフォニアム・テューバ協会常任理事。

ウェブサイト http://hidearai.wix.com/euph

安東京平

安東京平(ユーフォニアム)

Kyohei Ando , Euphonium
北海道芦別市出身。国立音楽大学を矢田部賞を受賞し卒業。 ロームミュージックファンデーション奨学生として渡米し、アラバマ大学大学院修士課程修了。これまでに三浦徹、竹内広三、Dr.齋藤充、Dr.Demondrae Thurman、ヒロ野口の各氏に師事。 2007年第24回日本管打楽器コンクールユーフォニアム部門第1位、2010年第25回ファルコーニ国際ユーフォニアムコンペティション第1位、2011年SERTEC(ITECレジョナルカンファレンス)ユーフォニアムソロコンペティション第1位及びユーフォニアム・チューバ四重奏コンペティション第1位(BOREASユーフォニアム・チューバ・カルテット)、2011年第2回リエクサブラスウィーク・国際ユーフォニアムコンペティション第3位。2016年第11回済州島国際金管コンペティション第2位。 Boreas Quartet、Euphonium Tuba Collective、ファンカル、Trio DOSanko、シュピール室内合奏団各メンバー。 国立音楽大学非常勤講師、桜美林大学非常勤講師、札幌大谷大学非常勤講師、東北学院大学シンフォニックウィンドアンサンブル常任指揮者。
次田心平

次田心平(チューバ)

Shinpei Tsugita , Tuba
1979年京都府生まれ。京都市立音楽高校(現・京都堀川音楽高校)を経て京都市立芸術大学を首席で卒業。同時に音楽学部賞、京都音楽協会賞を受賞。 第24回日本管打楽器コンクールにおいて満場一致の第1位を獲得。2008年3月まで日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。その後読売日本交響楽団テューバ奏者となる。 これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団とテューバ協奏曲を共演。オーストリアのリンツ、アメリカのインディアナ、テネシーの国際テューバ・ユーフォニアム大会、ポルトガルのローブラスの音楽祭"グラヴィッシモ!"にそれぞれゲストアーティストとして参加。演奏会やマスタークラスを開催する。 2015年にはセルジオ・カロリーノ氏とデュオコンサートのツアーも行なった(東京公演のライブ録音が「Yamaha Tuba Duo/Super Live!」としてオクタヴィア・レコードよりリリースされている)。 また、侍Brass、ワーヘリ、The Tuba band、なにわ《オーケストラル》ウィンズのメンバーとしても演奏活動およびCD録音を行なっている。 これまでにDVD「テューバマスター」、CD「TuBest!」(レコード芸術特選盤)「Mr.Tuba!」をリリース。 テューバを鹿島三嘉、武貞茂夫、ダニエル・ペラントーニ、ロジャー・ボボの各氏に師事。 洗足学園音楽大学准教授、東京音楽大学講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマコース講師として後進の育成にも力を注いでいる。
ピーター・リンク

ピーター・リンク(チューバ)

Peter Link , Tuba
アメリカ合衆国バージニア州出身。1996-98年、アメリカ陸軍音楽隊に在籍し日本に派遣される。2002年デポール大学音楽学部入学。 2003年シカゴシビックオーケストラ首席テューバ奏者に就任。 これまでにシカゴ交響楽団、シンシナシティ交響楽団、デトロイト交響楽団、ボストン交響楽団、シアトル交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなど、世界各地のオーケストラに客演。 近年ではソリストとしても活動の幅を広げ、2017年にはソロリサイタルツアーを日本で行うとともに、プサン国際音楽祭、ジンバオ国際音楽祭においてもソリストとして招聘され、協奏曲の共演またリサイタルを行い大好評を博した。2018年にはボストン交響楽団に二度にわたり客演し、ヨーロッパツアーにも同行する。タングルウッド音楽祭を始め、多くのマスタークラスに講師として招聘される。 2017年より、仙台にてSTEC(Sendai Tuba Euphonium Conference)を主宰し、ミュージックキャンプを行なっている。 仙台ジュニアオーケストラ、宮城学院女子大学音楽科講師。 フロイド・クーリー、ジーン・ポコーニ、ロジャー・ロッコの各氏に師事。 2008年より仙台フィルハーモニー管弦楽団首席テューバ奏者。アジアン・コネクション・ブラス・クインテット(ACBQ)テューバ奏者。

株式会社ヤマハミュージックリテイリング

Copyright © 2019 Yamaha Music Retailing Co.,Ltd. All rights reserved.