基本情報

住所

〒104-0061

東京都中央区銀座7-9-14

TEL

03-3572-3171

ヤマハ銀座店 インフォメーション

10F-12F 音楽教室

ミュージックアベニュー銀座

TEL:03-3571-4094

FAX:03-3571-4730

7F ヤマハホール

ヤマハホール

TEL:03-3572-3171

6F ヤマハ銀座コンサートサロン

ヤマハ銀座コンサートサロン

5F ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン・防音室(アビテックス)

ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン

TEL:03-3572-3132

FAX:03-3574-7986

防音室(アビテックス)

TEL:03-3572-3132

FAX:03-3574-7986

4F 管楽器・弦楽器・打楽器/管弦楽器リペアコーナー

管楽器・打楽器

TEL:03-3572-3134

FAX:03-3574-8574

弦楽器

TEL:03-3572-3188

FAX:03-3574-8574

管弦楽器リペアコーナー

TEL:03-3572-3421

3F 楽譜・書籍・CD・音楽雑貨

楽譜・書籍・CD・音楽雑貨

TEL:03-3572-3136

FAX:03-3572-3794

1F-2F ブランド体験エリア

ブランド体験エリア

TEL:03-3572-3171

NOTES BY YAMAHA

1F Café Stand

TEL:03-3573-3291

2F Café Lounge

TEL:03-3573-3290

B1F ギター・ドラム・シンセサイザー・音楽制作

ギター・ドラム・シンセサイザー・音楽制作

TEL:03-3572-3422

FAX:03-3572-3173

B2F ヤマハ銀座スタジオ

ヤマハ銀座スタジオ

TEL:03-3572-3171

定休日

毎週火曜日(祝日の場合は営業いたします)

営業時間

11:00~18:30

ヤマハ銀座店

ヤマハホール

本イベントは終了いたしました

珠玉のリサイタル&室内楽
ロシアン・ブラス・ナイト!菊本和昭と仲間たちによる「展覧会の絵」

珠玉のリサイタル&室内楽 ロシアン・ブラス・ナイト!菊本和昭と仲間たちによる「展覧会の絵」
ヤマハホール主催/共催公演における新型コロナウイルス感染症対策およびご来場される皆さまへのお願い
※詳しくはこちらをクリックいただき、ご来場前に必ずお読みください


NHK交響楽団首席トランペット奏者として活躍するブラス界注目のスター、菊本和昭が、仲間たちとともにヤマハホール10周年の祝祭に登場!金管アンサンブルの珠玉の名曲のほか、この日のために特別に編曲されたオーケストラの大曲「祝典序曲」、「展覧会の絵」というオール・ロシア・プログラムで、華々しく祝祭を彩ります。この特別な一夜をお聴き逃しなく!

本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となった2020年3月11日公演で予定していた内容と同内容となります。なお、2020年3月11日公演のチケットではご入場いただけません。予めご了承ください。

珠玉のリサイタル&室内楽
ロシアン・ブラス・ナイト!菊本和昭と仲間たちによる「展覧会の絵」

開催日時

2021年03月08日(月)

18:30開場 / 19:00開演

会場 ヤマハホール
出演者 菊本和昭(トランペット) 
川田修一/伊藤 駿/山本英司/重井吉彦(トランペット)
木川博史(ホルン)
齋藤 充(ユーフォニアム)
青木 昂/池上 亘/住川佳祐/黒金寛行(トロンボーン)
池田幸広(チューバ)
竹島悟史(パーカッション)
主催 ヤマハ株式会社ヤマハホール
プログラム
D.ショスタコーヴィチ(竹島悟史編)/祝典序曲 Op.96
V.エヴァルド/金管五重奏曲 第1番 変ロ短調 Op.5 (ロバート・キング編による金管六重奏版)
O.ベーメ/金管六重奏曲 変ホ短調 Op.30
M.P.ムソルグスキー(竹島悟史編)/組曲「展覧会の絵」
出演者プロフィール
菊本 和昭(トランペット)
菊本 和昭(トランペット)
京都市立芸術大学および同大学院首席修了。フライブルク音楽大学、カールスルーエ音楽大学で研鑽を積む。2004年より京都市交響楽団に在籍後、2012年よりNHK交響楽団首席トランペット奏者に就任。ほか、ソリスト、室内楽奏者としても活躍。日本管打楽器コンクール第1位、日本音楽コンクール第1位および増沢賞、E.ナカミチ賞、聴衆賞のほか、済州ブラス・コンペティション第2位、リエクサ国際トランペット・コンクール第3位、エルスワース・スミス国際トランペット・ソロ・コンペティション第2位およびChosen Vale賞を受賞するなど、国際的なコンクールでも受賞歴多数。東京藝術大学非常勤講師。
川田 修一(トランペット)
川田 修一(トランペット)
東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者。国立音楽大学卒業。矢田部賞受賞。第78回、第81回日本音楽コンクール入選。第25回日本管打楽器コンクール第3位入賞。第49回ドイツ・マルクノイキルヘン国際器楽コンクールディプロマ賞授与。文化庁海外研修員としてドイツ・カールスルーエ音楽大学にて研修を行う。これまでに北村源三、熊谷仁士、山本英助、ヒロ野口、R.フリードリッヒの各氏に師事。Brass Ensemble ZERO、Quartet Made in FUKUSHIMA、Le Due Trombe、金管合奏「宴」のメンバー。
伊藤 駿(トランペット)
伊藤 駿(トランペット)
1991年生まれ、大阪市出身。京都市立芸術大学音楽学部卒業。大学卒業後、桐朋オーケストラアカデミー修了。新日本フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者を経て、現在東京都交響楽団トランペット奏者。第30回ヤマハ管楽器新人演奏会出演。第6回関西トランペット協会コンクール第1位。トランペットを宮村 聡、早坂宏明、杉木峯夫、白水大介の各氏に師事。室内楽を呉 信一、若林義人の各氏に師事。
山本 英司(トランペット)
山本 英司(トランペット)
静岡県浜松市出身。1999年東京藝術大学卒業。2000年第69回日本音楽コンクールトランペット部門入選。これまでにトランペットを北村源三、室内楽を稲川榮一、またマスタークラスにおいて、元ウィーン・フィル首席奏者H.ガンシュ、ウィーン・フィル首席奏者H.P.シュー、元メトロポリタン歌劇場管弦楽団首席奏者M.グールドの各氏に師事。2004年から読売日本交響楽団に在籍し、2014年NHK交響楽団に入団。国立音楽大学、桐朋学園大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校各講師、日本トランペット協会常任理事。
重井 吉彦(トランペット)
重井 吉彦(トランペット)
鹿児島市出身。東京藝術大学を卒業。読売新聞社主催新人演奏会に出演。第10回済州ブラス・コンペティション金管五重奏部門第1位(Menagerie Brass Quintet)。トランペットを堂園和也、杉木峯夫、佐藤友紀、古田俊博、栃本浩規の各氏に師事。現在、東京フィルハーモニー交響楽団、ぱんだウインドオーケストラ団員。Menagerie Brass Quintet、Brass Ensemble ZERO、BRAVI TROMBE!!各メンバー。
木川 博史 (ホルン)
木川 博史 (ホルン)
第20回日本管打楽器コンクールホルン部門第1位および審査員特別賞、文部科学大臣奨励賞、東京都知事賞を受賞。第39回マルクノイキルへン国際コンクールにおいてディプロマを受賞。大学在学中よりソリストとして東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団などと共演する。これまでに、サイトウ・キネン・フェスティバル、小澤征爾音楽塾、PMF、草津国際音楽アカデミー&フェスティバルなどに参加。東京音楽大学付属高等学校、同大学を卒業。水野信行、冨成裕一、岡本充代の各氏に師事。卒業後、ベルリン芸術大学にてC.F.ダルマン氏に師事。2013年大阪市より「咲くやこの花賞」を受賞。BRASS CODE 12、いずみシンフォニエッタ大阪のメンバー。日本センチュリー交響楽団を経て、2015年9月よりNHK交響楽団団員。
齋藤 充(ユーフォニアム)
齋藤 充(ユーフォニアム)
国立音楽大学卒業、ミシガン大学大学院修士課程、ノーステキサス大学大学院博士課程修了。日本管打楽器コンクール、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール、レオナルド・ファルコーニ国際コンクール第1位。現在、侍Brassメンバー、国立音楽大学、洗足学園音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校各講師。
青木 昂(トロンボーン)
青木 昂(トロンボーン)
東京都羽村市出身。2014年に国立音楽大学を卒業。卒業時に矢田部賞を受賞。また在学中より東京都交響楽団に入団。読売新聞社主催第84回新人演奏会に出演。トロンボーンをこれまでに小田桐寛之、箱山芳樹、池上 亘、下島昌史の各氏に師事。現在は読売日本交響楽団首席トロンボーン奏者、スライドジャパンのメンバー。
池上 亘(トロンボーン)
池上 亘(トロンボーン)
東京藝術大学音楽学部卒業。第8回日本管打楽器コンクール第3位入賞。第3回出光音楽賞奨励賞受賞。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京交響楽団首席奏者を経て、現在、NHK交響楽団トロンボーン奏者。洗足学園音楽大学客員教授、昭和音楽大学非常勤講師。
住川 佳祐(トロンボーン)
住川 佳祐(トロンボーン)
広島県出身。東京藝術大学音楽学部卒業。同大学在学中にN響アカデミーを卒業。第4回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパングにおいて、Trombone Quartet CUBEとして第1位。J.アレッシ氏のマスタークラスを受講。これまでにトロンボーンを、古賀慎治、石川 浩、清澄貴之、古賀 光、新田幹男の各氏に師事。神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員(1、2、3番奏者)を経て、現在東京交響楽団トロンボーン奏者。
黒金 寛行(トロンボーン)
黒金 寛行(トロンボーン)
第4回済州ブラス・コンペティション第1位、および全部門におけるグランプリ受賞。第23回日本管打楽器コンクールトロンボーン部門第1位。ソリストとして東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニアや全国の吹奏楽団と協演。また、いわき市芸術文化交流館アリオス、JTアートホールアフィニスなどでリサイタルを行うなど、ソロ活動も精力的に行う。近年ではハンガリートロンボーンブートキャンプにも講師として招かれるなど、国際的にも活動している。現在、NHK交響楽団バス・トロンボーン奏者。
池田 幸広(チューバ)
池田 幸広(チューバ)
静岡県島田市出身。1994年、国立音楽大学入学。1995年、第12回日本管打楽器コンクールチューバ部門にて第3位入賞。1997年、大阪市音楽団オーディションに合格。1998年、矢田部賞を受賞し首席で卒業。卒業と同時に大阪市音楽団入団。その後読売新聞社主催新人演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会などに出演。同年、第15回日本管打楽器コンクールチューバ部門にて第1位受賞。東京交響楽団とV.ウィリアムズのチューバコンチェルトを共演。1999年、栃木県主催の「コンセール・マロニエ21」金管部門にて優秀賞を受賞。2000年、ドイツ・マルクノイキルへン国際器楽コンクールチューバ部門にて第4位および審査員特別賞を受賞。2003年、NHK交響楽団オーディションに合格。2005年、NHK交響楽団に入団。2007年、NHK交響楽団オーチャード定期にてV.ウィリアムズのチューバコンチェルトをソリストとして共演、好評を博す。2008年、島田、大阪、松山のNHK交響楽団ツアー公演でJ.ウィリアムズのチューバコンチェルトにてソリストを担当、好評を博す。2010年1月、初のソロアルバム「コンチェルティーノ」を発売。2013年5月、NHK交響楽団定期公演にてV.ウィリアムズのチューバコンチェルトを共演。好評を博す。これまでに稲川榮一、江川秀樹の両氏に師事。現在、NHK交響楽団チューバ奏者。また、東京藝術大学、国立音楽大学、沖縄県立芸術大学の各非常勤講師。トウキョウ・ブラス・シンフォニー、ブラス・ヘキサゴン、なぎさブラスゾリステン、N-crafts、ジャパン・チューバ・ソロイスツの各メンバー。日本ユーフォニアム・チューバ協会理事。
竹島 悟史(パーカッション)
竹島 悟史(パーカッション)
東京藝術大学卒業。第13回日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位。2003年、NHK交響楽団に入団。2011年、東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」第136回公演ソリスト。2013年、NHK交響楽団第1756回定期演奏会において、タン・ドゥン作曲「The Tears of Nature ~マリンバとオーケストラのための」の日本初演ソリストを務める。クラシック界の打楽器奏者として常に第一線で活躍し続けながら、作編曲家、ピアニストとしての顔も持ち合わせ、体温の宿る音楽観で絶大なる信頼を受ける気鋭の“音楽家”である。サイトウ・キネン・オーケストラ、なぎさブラスゾリステンなどにも参加。

TOP