ホーム>店舗情報>ヤマハ銀座店>ヤマハホール>イベント一覧> 珠玉のリサイタル&室内楽ベートーヴェン初期の室内楽 ~鈴木・小倉・岡本が創る新時代の幕開け~
 

基本情報

住所

〒104-0061

東京都中央区銀座7-9-14

TEL

03-3572-3171

ヤマハ銀座店 インフォメーション

10F-12F 音楽教室

ミュージックアベニュー銀座

TEL:03-3571-4094

FAX:03-3571-4730

7F ヤマハホール

ヤマハホール

TEL:03-3572-3171

6F ヤマハ銀座コンサートサロン

ヤマハ銀座コンサートサロン

5F ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン・防音室

ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン

TEL:03-3572-3132

FAX:03-3574-7986

AVITECS(アビテックス)

TEL:03-3572-3132

FAX:03-3574-7986

4F 管楽器・弦楽器・打楽器

管打楽器

TEL:03-3572-3134

FAX:03-3574-8574

弦楽器

TEL:03-3572-3188

FAX:03-3574-8574

リペアセンター

TEL:03-3572-3421

3F 楽譜・書籍・CD

楽譜・書籍・CD

TEL:03-3572-3136

FAX:03-3572-3794

1F-2F ブランド体験エリア

ブランド体験エリア

TEL:03-3572-3171

NOTES BY YAMAHA

1F Café Stand

TEL:03-3573-3291

2F Café Lounge

TEL:03-3573-3290

B1F ギター・ドラム・シンセサイザー・音楽制作

ギター・ドラム・シンセサイザー・音楽制作

TEL:03-3572-3422

FAX:03-3572-3173

B2F ヤマハ銀座スタジオ

ヤマハ銀座スタジオ

TEL:03-3572-3171

定休日

毎週火曜日

緊急事態宣言の発令を受け、4月25日から当面の期間休業いたします。

営業時間

11:00~18:30

ヤマハ銀座店

ヤマハホール

珠玉のリサイタル&室内楽
ベートーヴェン初期の室内楽 ~鈴木・小倉・岡本が創る新時代の幕開け~

チケット販売中

ヤマハホール主催/共催公演における新型コロナウイルス感染症対策およびご来場される皆さまへのお願い
※詳しくはこちらをクリックいただき、ご来場前に必ずお読みください


「その曲の生まれた頃の響き」を探求する音楽家、鈴木秀美と小倉貴久子が、バイオリニスト岡本誠司と共にヤマハホールに再登場!「二重奏ソナタ」ジャンルの幕開けとなったチェロ・ソナタ第1番や、記念すべき「作品1」を与えられた自信作であるトリオ・ソナタ第1番など、室内楽の新時代を切り拓いたベートーヴェンの名曲をお贈りいたします。
若きベートーヴェンによる「エポック・メイキング」な傑作を、当時の響きで心ゆくまでお愉しみください。

本公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止となった2020年6月6日公演で予定していた内容と同内容となります。なお、2020年6月6日公演のチケットではご入場いただけません。予めご了承ください。

珠玉のリサイタル&室内楽
ベートーヴェン初期の室内楽 ~鈴木・小倉・岡本が創る新時代の幕開け~

開催日時

2021年07月11日(日)

14:30開場 / 15:00開演

会場 ヤマハホール
出演者 鈴木秀美(チェロ)
小倉貴久子(フォルテピアノ)
岡本誠司(バイオリン)
料金(税込) 5,500円
主催 ヤマハ株式会社ヤマハホール
注意事項 ※都合により出演者、曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※チケット料金には消費税が含まれております。
プログラム
L.v.ベートーヴェン/
バイオリン・ソナタ 第1番 ニ長調 Op.12-1
チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 Op.5-1
ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 「月光」 Op.27-2
ピアノ三重奏曲 第1番 変ホ長調 Op.1-1
出演者プロフィール
鈴木 秀美(チェロ)
チェロ、指揮、執筆、録音のディレクター、そして後進の指導と、その活動は多岐にわたる。文化庁芸術作品賞、レコード・アカデミー賞、サントリー音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。《18世紀オーケストラ》のメンバー、《ラ・プティット・バンド》、《バッハ・コレギウム・ジャパン》の首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立、アルテ・デラルコ・レーベルからその録音やソロ、室内楽などをリリース中。《ガット・カフェ》《ガット・サロン》などレクチャー及び室内楽のユニークなシリーズを展開。日本各地、オランダ、ポーランドほかのオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。21年4月より神戸市室内管弦楽団音楽監督。山形交響楽団首席客演指揮者。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では、」(アルテスパブリッシング)。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科講師。
小倉 貴久子(フォルテピアノ)
東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞つき首席卒業。日本モーツァルト音楽コンクールピアノ部門第1位。ブルージュ国際古楽コンクールアンサンブル部門及びフォルテピアノ部門で第1位と聴衆賞受賞。様々な時代楽器を弾き分け、幅広いレパートリーで活躍。NHK「クラシック倶楽部」「ららら♪クラシック」などへの出演や「カルチャーラジオ 芸術の魅力」の講師を務めるなどTV、ラジオへの出演も多い。50点以上リリースのCDの多くが各新聞紙上や「レコード芸術」誌などで推薦盤や特選盤に選ばれている。平成24年度文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞。第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門独奏・独唱部門賞受賞。第48回JXTG音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。著書にカラー図解「ピアノの歴史(CD付き)」。校訂楽譜「ソナチネ楽譜帳 全2巻」(音楽之友社)。ふたつのシリーズコンサート「小倉貴久子《フォルテピアノの世界》」、北とぴあで繰り広げられている「小倉貴久子と巡るクラシックの旅」を好評開催中。フォルテピアノ・アカデミーSACLA主宰。東京藝術大学古楽科非常勤講師。
岡本 誠司(バイオリン)
1994年生まれ。2014年に第19回バッハ国際コンクール(ライプツィヒ)第1位、あわせて聴衆賞を受賞。ヴァイオリン/バロックヴァイオリン部門では東洋人初の快挙となる。16年、第15回ヴィエニャフスキ国際コンクール第2位。19年エリザベート王妃国際コンクールファイナリスト入賞。これらを機にさらに演奏活動の幅を広げ、国内外でのオーケストラとの共演や、音楽祭、リサイタル、室内楽演奏会への出演を重ねている。東京藝術大学を卒業後、17年よりベルリンに拠点を移し、ハンス・アイスラー音楽大学の大学院を修了。19年からはクロンベルク・アカデミーにて、引き続きアンティエ・ヴァイトハース教授のもと研鑽を続けている。これまでに富川 歓、中澤きみ子、ジェラール・プーレ、澤 和樹、長原幸太の各氏に師事。鈴木秀美氏とは8歳の夏に出会い、多大な影響を受けてきた。千葉県知事より顕彰、台東区文化・スポーツ奨励賞、大学内では安宅賞、アカンサス賞、東京藝術大学平山郁夫文化芸術賞を受賞。(公財)ローム ミュージック ファンデーション2015、16年度奨学生。(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団2018、19年度助成対象者。NPO法人イエロー・エンジェルよりG.F.プレッセンダを貸与され、(株)日本ヴァイオリンより名器貸与特別助成を受けている。
チケット情報
チケット販売中
チケットぴあ
チケットぴあでのご予約・お申し込み
・TEL 0570-02-9999
Pコード:193-785
 ※座席選択不可
・WEBからのお申し込み
 ※発売日11:00より座席選択可能
・発売日:2021年3月8日(月)

※政府のイベント人数制限方針によって、販売席数が変動する可能性がございます。予めご了承ください。
座席種別
指定席

お問い合わせ

TEL

03-3572-3171(ヤマハ銀座店 インフォメーション)

営業時間

11:00~18:30

定休日

毎週火曜日

緊急事態宣言の発令を受け、4月25日から当面の期間休業いたします。
住所

〒104-0061

東京都中央区銀座7-9-14

アクセス

駐車場